デジタル活用の敷居をもっと低くしたい

近年、デジタル系、WEB系、マーケティング系、ビジネス系などの専門的な用語や単語が頻繁に飛び交っていますが、ぶっちゃけ「何言ってるかわからん!」ってことありますよね。。カタカナだらけで。

私は昔から、ややこしい専門用語はなるべく使わないようにしています。というか、使うのをためらってしまいます。

その業界内では当たり前に使っている言葉でも、普段そこに携わってない人にとっては、何のこっちゃ。。ってなるのが目に見えてるからです。また、相手がその単語知らなかった場合、その単語は何のことなのかを聞くタイミングも難しいですし、結局、その話がわからないまま話が終わってしまうこともありそうです。。常に自分が逆の立場になった時のことを考えています。

お客さん=携わってない人でもあるのです。

しかし、専門用語やカタカナ用語を使うと、プロっぽく見えるのも確かです。難しい言葉を並べるとそれっぽい雰囲気が出ますし、なんかかっこいいですよね。
もちろんお客さんにとって使う言葉を選ぶということもありますが、打ち合わせや説明時は、なるべくわかりやすい言葉を使いたいです。

例えば「ホームページを持ちたいんだけど、何をすればいいのか、何を調べればいいのか…」と考えてる方もたくさんいると思います。
普段からネットを見ていない方や、デジタルに疎い方にとっては、何が何だかわからないというのは、不思議なことではありません。正直、ややこしい言葉が多すぎます。

xbearでは、デジタルの敷居をもっと低くして、気軽に活用して頂けるようなサービスを立ち上げたいと考えています。

デジタルを使ったコンテンツについてお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

Add Comments

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です