目的に沿ったデザインを

デザインは、デザイナーの独りよがりではいけません。デザイナーの主張は二の次です。しかし、お客様のイメージされるものが必ずしも最適というわけではないため、デザイナーとして別のご提案をさせて頂くこともあります。
例えば、お客様が好きな色が赤だった場合でも、そのデザインの目的に赤という色が適さない、というケースも出てくると思われます。その場合、違う色をご提案する場合もございます。

もちろん、お客様のイメージを最優先に、それを具現化するためにデザインしますが、大事なのは、そのデザインの目的に沿ったものを作ることなので、最適なデザインに仕上がるよう、お客様との会話を大事にしたいと考えています。

Add Comments

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です